田中角栄元首相を撮影したときの思い出

その昔、今太閤と言われた田中角栄首相を議員会館に訪問して撮影する機会がありました。そのとき、角栄さんは、話の合間に私が構えたカメラに向かってミエをきりながら、撮影タイミングを私にくれるわけですが、あまりの貫禄に一瞬たじろいでしまいました。(まだそのころは私も若かったのですね)そのときに、角栄さんは「このタイミングで撮影してくれなくちゃう~」とのたまわりながら話をつづけたのです。ファインダーを覗いていた私と視線があったときの迫力、いまだに忘れないものがあります。大衆を魅了する政治家は、目力があるんですよね。そのときに、人物撮影のタイミングを教えられたような気がしました。遠い過去の思い出ですが忘れられない一瞬でした。
[PR]
by hisao_tabata | 2005-10-25 20:48 | 人物撮影
<< そばの花 ●和風のスープしんごろうセット... >>